平成30年9月22日(土)県立光陵高校にて第3回交通安全対策会議が行われました。
 
今回は「自転車による交通事故に伴う責任と備えについて」東京海上日動火災保険(株) 加藤様をお迎えして、実際に交通事故が起きた時の賠償責任や高校生の自転車事故、高額賠償事故の事例などの講話をして頂きました。
講話によると、年に1度は高校生が加害者になる事故が起きているそうです。
高額な損害賠償額になると過去に1千万円を超え、8千万円になることもあったそうです。
このような事態に備え、保険に加入するケースが増加しているようです。自治体によっては条例で義務付けているところもあるようです。
安全に注意して自転車に乗る事はもちろんですが、万が一のための備えもあると安心ですね。
第3回交通安全対策会議が行われました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です